RSS | ATOM | SEARCH
本のご紹介『センス入門』松浦弥太郎著

結局、人間はセンスだよなぁ

と思うことがあります。

 

でも、じゃあセンスって何?

センスを磨くにはどうしたらいいの?

と言われても

全く答えられません。

 

そんな店長が先週の西千葉一箱古本市で出会ったのがこの本です。

 

センスに興味のある方、カフェ福堂でご覧いただけます

author:店長(あだ名), category:, 14:51
comments(0), -
『重力ピエロ』(伊坂幸太郎)読了☆☆☆☆☆星5つです

これまで何人もの方に勧められてきた伊坂幸太郎さんの本を今回初めて読みました。

お客様が貸してくださったのです。


『重力ピエロ』

長編小説が苦手な私は最後まで読めるかどうか自信がありませんでした。


大好きな街「仙台」が舞台となっていることや、たくさんの偉人の名言、哲学的なレトリックが随所に散りばめられていて、どんどん読むのが面白くなっていきました。


長編なのに雑なところがなく、構造的でありながら、細部に遊びも詰まっていて、参ったと言うほかない作品です。


すっかり伊坂幸太郎ファンになりました。

次は何を読もうかな。

author:店長(あだ名), category:, 00:10
comments(0), -
『天才はあきらめた』(山崎亮太著)読了☆☆☆☆☆

南海キャンディーズの山ちゃんが書いた『天才はあきらめた』をお客様に紹介されて読みました。

内容に迫力があり、一気に読みました。

この本はすごいです。

星☆5つです。

 

「天才」とは何かー

それは持って生まれた才能ではないー

目的に向かって努力する能力のことだー

 

これは福堂に来られる画家さんの言葉ですが、この言葉を借りると山ちゃんはまさに天才です。

その努力の源は、誰にでもある劣等感や嫉妬などの感情です。

だから、誰でも天才になれる可能性があるのですが、山ちゃんは何が違うのか。

そんなことを考えました。

TVに出るようになってからも続く不安や劣等感をさらけ出したこの本は多くの人に刺激を与えると思います。

 

50代の人にもオススメの本です。

 

 

author:店長(あだ名), category:, 16:56
comments(0), -
新宿駅前で売られている志集第五十九号「求め尽く」

お客様が志集第五十九号を持ってきてくださいました。

新宿の駅前で女性から買ったそうです。

その女性は十年以上新宿の駅前で志集を売っているらしいです。

 

詩集ではなくて志集。ご夫婦で書かれたもののようです。

詩は志であらねばならない。

強い意志を感じます。

 

16編の詩の最後に書かれていてタイトルにもなっている「求め尽く」という詩に、

はっきりとした意志を感じながらも、考えさせられます。

求め尽くしてしまったのか、求め尽きないのか。

とにかく頑ななものを感じます。

 

今なら店内にあります。

 

表紙の写真を添付しようと思いましたが、無断撮影かたくお断りします、と書いてあるので

やめておきます。

author:店長(あだ名), category:, 12:36
comments(0), -