RSS | ATOM | SEARCH
自作PCへの道(最終回)

ツクモ秋葉原サービスセンターに行こうとしていた前日、あーすくんはインフルエンザにかかりました。


仕方なく私は一人で行くことにしました。


ツクモのサービスセンターのカウンターにPCを乗せると、スーツを着たサービスマンがPCを分解し始めました。


1分もたたないうちに、メモリーがきちんと差し込まれていないことがわかりました。

また、マザーボードがきちんとねじ止めされていないこともわかりました。


別のPCにつないで、マザーボードやパーツに異常がないことがみるみるうちにわかりました。


「今日持って帰れますよ」と言われ、外で1時間ほど時間をつぶしました。


PCは作動するようになっていました。


さすがプロです。


家に持ち帰り、さっそくあーすくんがモニターにつなげました。

薬のおかげか熱は下がっていました。


PCは正常に作動しました。

あーすくんはすぐにOSのインストールを始めました。


学校を休んでいる間、あーすくんは新しいPCを好きなだけ触っていました。

author:店長(あだ名), category:あーすくん, 23:16
comments(0), -
Comment